前へ
次へ

売り手市場のハローワークの役割

「人手不足」最近、多くの企業や業界で耳にする言葉です。
そして、有効求人倍率が1倍を超えて、いわゆる「職」を手にする事については、以前のデフレ状況時より格段に改善した様に感じます。
が、一方で、本当に自分が求める仕事に従事できていなかったり、依然「非正規雇用」がメインであったり、望む仕事とのミスマッチ状況と云うのは、余り変わっていない様にも感じます。
こうした状況の時、仕事と人とを繋ぐハローワークの存在が、どの様に対応しているかがとても気になります。
「働き方改革」が、始まり、休日が確保しやすすいであったり、最低賃金も上がって来ている一方で、残業もなく稼げないとか、実質賃金が上がらないなど、景気回復の実感が伴っていませんから、ハローワークとしては、単に求人情報を提供するだけでなく、もっと求職者側に寄り添って、きめ細かいマッチングのサービスを提供すると云う事を実践して戴きたいと感じるのです。
仕事は生き方であり、生きる糧ですから、より正社員としての採用を企業に促し、ワーキングプアと呼ばれる人たちが無くなる様に、ハローワークが積極的にかじ取りをして欲しいものだと感じてしまう今日この頃です。

Page Top